拓殖大学

拓殖大学レスリング部



TRAINING DIARYトレーニングダイアリー

2019.07.16

7月16日(火)

練習日誌 7月16日(火) 投稿者 長島颯己

午前練習

(内容)

サーキット、ウエイト

(感想・反省点)

朝練
サーキット
先輩と組お互い最初飛ばすようにして声をかけ集中を切らさないように励ましあって取り組みました。青バックジャンプやバーベル種目やバトルローぷなど後半きつくなってきて動作が小さくなってしまう種目でも大きくしっかりやるようにしてできなくなってしたら指摘してできるようにお互い言い合うように頑張りました。


午後練習

(内容)

アップ、打ち込み5分、1分スパーリング×20、3分スパーリング2ラウンド×10、技術練習  15分

(感想・反省点)

午後練習ではまず肘をしめるように構えて
最近相手を崩す時に状態が上がってそこで入られてしまうことがあり、崩す時もなるべくためを作るように意識しました。
でも崩すことに意識がいってプレッシャーをかけていなくうまく相手が落ちることが少なかったです。明日はもっと構えた状態から少しでもプレッシャーをかけることを意識するようにします。今日の技術指導でまず試合での考えが間違っているということでタックルを取ろうという意識ではなく、まず頭と抑えるところおさえるようにと肘をしめること。
守るべき時にそれをやるようにして、無理に入ってきたところにできればカウンター出来るようにしたいです。でも頭の位置が正面の状態では自分も攻めれないことがわかりました。取りに行くにはリスクを背負わなければ取れないので取りに行くときは崩して相手の隙を作ってから取りに行くようにがんばります。あと最近入ったあとの処理が少しづつできるようになってきたので、せっかくとったのに点を取りきれない状態にならないように決めるとこきめるようにします。

訪問者 伊藤部長、浅井コーチ

アーカイブ